相続・贈与 | 帰化・在留許可
[在留資格・帰化のページ]
● 在留資格について
外国人が日本に入国すには、在留資格が必要です。在留資格は27の種類に分かれています。在留資格を取得する方法は、外国人が外国の日本大使館等に自分でビザを申請する方法と、日本の国内で、外国人を招聘する日本人が在留資格認定証明書を取得し、その証明書を外国人に送って、その証明書を元に外国の日本大使館にビザの申請をする方法があります。
一般に企業が外国人社員を招聘する場合や、個人的に外国人を招聘する場合は後者の方法を選択します。審査が早く、確実なためです。
 
● 帰化許可について
日本に住んでいる外国人が、ずっと日本に住み続けるためには、在留許可の更新をするか在留資格を永住にするか、日本人に帰化することが必要です。この中で帰化は外国人が国籍を日本人に変更するための手続です。帰化には次のような条件が必要です。
●住所条件
●能力条件
●素行条件
●生計条件
●二重国籍防止の条件
●不法団体条件
帰化する外国人の状態により上記の条件が緩和されたり、取り揃える書類が異なったりします。
 
関連情報ページ
法務省のページ 
外務省案内