相続・贈与 | 帰化・在留許可
● 相続、贈与、遺言書について
相続は誰でもいつかは体験する問題です。一般の家庭で相続というと不動産の名義変更が一番多い手続だと思います。親の建てた家をどのように誰が引継ぐか、兄弟でもめることもあります。また、もめなくてもいずれ手続をしようと思いつつ気が付くと何年も経ってしまっていることも多いと思います。一番すっきりするのは、親が元気なうちに自分の思った通りに贈与してくれることですが、贈与には贈与税がかかります。贈与税は累進課税になっていて、非常に高い税額になってしまいます。次に考えらることは遺言書を作成し、親が亡くなった後のことを決めておいてあげることです。しかし、遺言書にも遺留分を主張されると無視できない時もあります。
贈与税のシミュレーションを考えながら、遺言書も作成し、もしもに備えることが親の最後の義務だと思います。また、不幸にして親が無くなった場合には、そのうちそのうちと思っていてなかなか相続の登記をしないでいると、孫や親の兄弟も代襲相続人となり、話し合いが長引くこともありますから、どこかで思い切ることも必要です。
 
相続関連
相続税タックスアンサー
贈与関連
贈与性タックスアンサー